• YUKO

Swinging Chelsea


While I was watching tennis, golf, horse racing and swimming, the new season of Premier League is soon to begin. My friends misunderstand that I am a football fanatic. Well, do you really think an avarage Japanese girl would enjoy working at football ground every weekend?! But it’s true I started feeling some kind of attachment to English football, so let me share some touristic information around each ground. This time, it’s Chelsea FC!

テニスやらゴルフやら競馬やら水泳やらを見ている間に、またサッカーの新しいシーズンの始まりが近づいています。周りからはサッカー好きと勘違いされてますが、正直週末返上で女子がサッカー場で仕事って・・・でもなんだろう、だんだんと愛着の湧いてきてしまったイングランドサッカー、今シーズンも頑張って追いかけます。一緒にプレミアリーグを追いかけたい人のために周辺情報をお届けします。今回はチェルシー!

I still find it quite unreasonable that ‘Fulham’ Broadway Station is the closest to Stamford Bridge and not to Craven Cottage…

チェルシーFCの本拠地、スタンフォードブリッジの最寄り駅はフラム・ブロードウェイ駅。フラムFCはまあ近いですがこの駅はフラムFCの最寄駅ではありません・・・。

Near the station, you will find a stall that sells old Chelsea programmes and other memorabillia. The owner Steve Smyth has over 30 years of experience in buying and selling football programmes, amazing!

駅の近くには昔のプログラムを売る屋台(?)が出ています。かなり古いプログラムやクラブに関連する品々が丁寧にファイリングされていて、誰でも購入することができます。

This is the original wall of The Shed terrace, where all the die-hard supporters were seated. Now it is nicely decorated with the photos of Chelsea legends.

こちらはスタジアム内にあるザ・シェド・エンドという壁。ダイハードサポーターたちのお気に入りだったテラスが取り壊された後、壁だけが残されていて、歴代の名選手の写真が飾られています。

This is the pitch view. Chelsea FC frequently runs stadium tour for its visitors. You can see the pitch, dressing room, dugout, and tunnel. What I like about Stamford Bridge is the seating area is VERY close to the pitch, which I didn’t expect in such a big club.

中はこんな感じ。スタジアムツアーに参加すればロッカールームやダグアウトなども間近に見られます。外国人選手の多いチェルシーは同じ言語を話す選手が隣同士になるようにロッカーの場所が決められているとガイドさんが話してくれました。そして何よりこのスタジアム、客席とピッチの距離がものすごく近いんです。

Chelsea FC has an official brasband. Most of members are Chelsea fans. They only play at less busy matches, that means if you see them play lovely music, you are very lucky!

チェルシーには公式ブラスバンドがいます。もちろんメンバーの2人もチェルシーファンとのこと。全試合で演奏というわけではないので、演奏を聞けた人はラッキー!

Stamford Bridge offers everything, including a music venue called Under the Bridge. Chelsea FC is known as the most cultural club in England because they have had strong connection with musicians, movie stars and fashion icons since 1960’s.

スタンフォードブリッジにはアンダー・ザ・ブリッジというライブハウスがあります。私はチェルシーがイギリスで一番文化的なクラブだと思うのですが、このクラブは60年代から音楽や映画、ファッション界との繋がりを持ってきたクラブなんですよね。

There five boys have been around Stamford Bridge since swinging 60’s. They used to go out after match and shared some drinks with Chelsea players (and perhaps pretty girls!) in fashionable bars on Kings Road.

そんな60年代から応援しているという年季の入ったファンの5人組がこちら。試合の後はお洒落なバーやブティックが並ぶキングスロードに繰り出していたそうです。多分今も繰り出していると思いますが・笑。

This is the view of fashionable Kings Road, where Mary Quant made mini-skirt so popular and Vivienne Westwood created a punk sensation. Westwood’s World’s End shop is quite close to Chelsea ground.

こちらがロンドン市内でも有数のお洒落ストリート、キングスロード。70年代にパンクブームを巻き起こしたビビアン・ウェストウッドの店舗もあります。

The Butcher’s Hook pub locates right in front of the stadium. This pub used to be called The Rising Sun and witnessed the handshake of founding Chelsea FC in 1905. There is a sports bar in Stamford Bridge, but it tends to be booked up on match days, so it’s best to book your seats well in advance!

スタジアムの目の前にあるのがブッチャーズ・フックというパブ。こちらは1905年にチェルシー設立の握手が成されたという歴史あるパブです。当時はライジング・サンという名前でした。試合当日はチケットを持ったホームのファンしか入れません。スタンフォードブリッジ内にもスポーツバーがありますがこちらも試合日は予約でいっぱいなので注意!

I personally recommend you to watch the match at this pub, The Sporting Page if don’t have a ticket. This place offers nice food and drinks, bright and clean interior and friendly and passionate fellow fans.

個人的にはこちらのパブ、スポーティング・ページがお勧め。というのもお洒落でご飯も食べられて、そして試合を見ながら地元のファンたちと一緒に盛り上がられる場所だから!

Check out the inside! If you want to get a seat, it’s better to get there early enough.

中はこんな感じ。盛り上がってるでしょ?行くのが遅いと立ち見ですが。

The photo on the left shows the statue of Peter Osgood, the glamourous legend of the club. And the other photo shows an overly-excited Chelsea supporter on the day of securing Premier League victory…

こちらの銅像の人物はピーター・オスグッド。60−70年代頃のレジェンドです。そして右側の写真は2015年優勝の際に興奮しすぎたファンの一人です・・・。

I personally prefer the season when an underdog shows an amazing perfomance to the one when the king expands his trophy collection. No one knows what’s going to happen in 2015-16 season, so looking forward to it!!

個人的には王者チェルシーがトロフィーコレクションを拡大するよりも、アンダードッグのクラブが勝ち上がるシーズンの方が好きなのですが・・・2015-2016シーズンはどうなるんでしょう?!楽しみです。

#FootballPilgrimage

0 views

www.yuko.tvinfo@yuko.tv | London UK       © 2020 YUKO SUZUKI    

  • Blogger
  • Instagram - Black Circle
  • b-linkedin
  • tbird
  • b-youtube
  • facebook